コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「ちょっと今から仕事やめてくる」鈴木有布子がコミカライズ、フラッパーで

166

「ちょっと今から仕事やめてくる」第1話の扉ページ。

「ちょっと今から仕事やめてくる」第1話の扉ページ。

北川恵海原作による鈴木有布子の新連載「ちょっと今から仕事やめてくる」が、本日11月5日発売の月刊コミックフラッパー12月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「ちょっと今から仕事やめてくる」は、仕事に追い詰められ駅のホームで倒れかけていた会社員の主人公・青山隆が、幼馴染を名乗る男・ヤマモトに助けられたことから始まるヒューマンドラマ。隆はヤマモトのことを思い出せずにいたが、彼と過ごす時間は楽しく、その明るさに引っ張られるように会うたび元気を取り戻していく。しかしヤマモトには、隆の知らない秘密が。

同作の原作は、メディアワークス文庫(KADOKAWA)から刊行されている小説。2017年初夏には福士蒼汰主演での映画化も決定している。

コミックナタリーをフォロー