「昭和元禄落語心中」次号ITANで最終回!与太郎と八雲が迎える結末は

1201

雲田はるこ「昭和元禄落語心中」が、6月7日発売の次号ITAN32号(講談社)にて最終回を迎えることが明らかになった。

「昭和元禄落語心中」9巻

「昭和元禄落語心中」9巻

大きなサイズで見る(全2件)

本日4月7日に発売されたITAN31号の次号予告では、「落語に捧げた人生──衝撃のラスト!」の文字が。それぞれの方法で落語と向き合ってきた与太郎と八雲の物語が、どのような結末にたどり着くのか注目したい。

「昭和元禄落語心中」は2010年のITAN創刊号より連載中。第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞や、第38回講談社漫画賞一般部門を受賞している。関智一が与太郎、石田彰が有楽亭八雲を演じたアニメ「昭和元禄落語心中」は1月より放送され、第2期の制作も決定した。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

雲田はるこのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 雲田はるこ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。