尾田栄一郎総指揮「ONE PIECE」劇場版第10弾は12月公開

12月12日に公開される劇場版「ONE PIECE FILM Strong World」は、「ONE PIECE」のアニメ化10周年を記念して、原作者の尾田栄一郎が自ら製作総指揮を務めることとなった。

発売中の「ONE PIECE」53巻。

発売中の「ONE PIECE」53巻。

大きなサイズで見る(全2件)

劇場版第10作目となる「ONE PIECE FILM Strong World」にて、尾田は製作総指揮としてオリジナルストーリーと設定資料となる120枚以上のラフ画を描き起こした。発売中の週刊少年ジャンプ24号(集英社)にてラフ画の一部が公開されており、剣士であるはずのゾロがバズーカを携えた姿など、想像力をかきたてるカットも見受けられる。

尾田は「自分の名前が出るからには今までと明らかに違う映画を観せたい」「色んなわがままを言いながら制作進行中です」「設定画は120枚以上提出してます。まだ描きます」と、やる気に満ち溢れたコメントを発表。監督はアニメ「ONE PIECE」にて演出を務めてきた堺宗久が務める。

この記事の画像(全2件)

尾田栄一郎のほかの記事

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 尾田栄一郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。