コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ルノアール兄弟の2年半ぶり新刊は、JCがスケベ心に翻弄されるお下劣ギャグ

38

ルノアール兄弟の最新作「少女聖典ベスケ・デス・ケベス」1巻が、秋田書店から発売された。原作を手がけた「をのころん」以来、約2年半ぶりの新刊だ。

別冊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載中の「少女聖典ベスケ・デス・ケベス」の主人公・ゆいかは、男子と口もきけないが実はドスケベな心を持つ女子中学生。そんな彼女のもとにエッチな夢を叶えるという悪魔・ケベスが現れ、彼女のドスケベライフをサポートしてくれるという。その日を境にゆいかの日常は、周囲のイケメンルやほかの「ケベス使い」を巻き込みながら大きく動いていく。ルノアール兄弟ならではの下ネタと、脈絡のない男の裸が矢継ぎ早に展開されるギャグ作品だ。秋田書店の公式サイトでは第1話を試し読み用に公開中。

コミックナタリーをフォロー