コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「文豪ストレイドッグス」綾辻行人、京極夏彦、辻村深月登場の外伝小説開始

2065

「文豪ストレイドッグス」の外伝小説が、10月7日に配信開始されるキャラクター小説マガジン・小説屋sari-sari10月号(KADOKAWA)からスタートすることが決定した。小説は原作者の朝霧カフカが自ら執筆し、挿絵もマンガを描いている春河35が手がける。

外伝小説は「綾辻行人VS.京極夏彦」のタイトルで、綾辻行人、京極夏彦、辻村深月といった現役小説家をモデルとしたキャラクターが登場するスピンオフストーリーを展開。探偵の綾辻は殺人事件を解くと犯人が必ず事故死する「Another」、綾辻とは宿敵の怪人・京極は憑き物を与え対象の精神を変調させる「憑き物落とし」、内務省異能特務課の新人エージェント・辻村は影の仔と呼ばれる奇妙な生命を操る「きのうの影踏み」という能力をそれぞれ使用する。

なお辻村の「きのうの影踏み」は、9月26日に発売される同名小説に基づいた能力。初の本格怪談集である同書には、メフィスト(講談社)掲載の「十円参り」、Mei(冥)にて発表された「手紙の主」など、書き下ろし含む計13編が収められた。

コミックナタリーをフォロー