コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

みんな「キャプ翼」で大きくなった。Sportivaで大特集

1

スポーツ総合情報誌Sportiva6月号(集英社)では「『キャプテン翼』DNA」と題し、高橋陽一「キャプテン翼」の大特集が組まれている。

週刊少年ジャンプ(集英社)にて1981年に連載開始した「キャプテン翼」。現役サッカー選手の多くが「キャプ翼」を読んで育った世代で、国内外ともに少なからぬ選手が作品からの影響を明らかにしている。

特集冒頭では、取材のためにイタリアに訪れた高橋と、ACミランで活躍するサッカー選手カカとの対談を収録。

また小野伸二や楢崎正剛のインタビュー、長谷部誠&大久保嘉人、安田理大&播戸竜二の対談では、いずれも「キャプテン翼」の単行本を片手に、作品への想い入れや当時の思い出が熱く語られている。

さらにアニメ「キャプテン翼」を見た世界中のサッカー選手も登場。フェルナンド・トーレス、リオネル・メッシ、フランチェスコ・トッティらが放映当時の思い出について語った。

ほかにもサッカー選手たちからのメッセージ「『キャプテン翼』がくれたもの」や、作中と現実の日本サッカー史を比較した「『キャプテン翼』VS日本サッカー史」、「『キャプテン翼』マニアック事典」、さらには現役Jリーガー145人によるアンケート「オレの人生を変えた名場面 ベスト11」と「『大空翼以外で』好きなキャラクター ベスト11」など、50ページを超える読み応えのある総力特集となっている。

折しも高橋は、5月7日発売の週刊ヤングジャンプ23号(集英社)にて、新シリーズ「キャプテン翼 海外激闘編 IN CALCIO 日いづる国のジョカトーレ」をスタートする。新シリーズ開始前に、この特集で「キャプテン翼」をおさらいしてみてはどうか。

コミックナタリーをフォロー