映画「orange」ポスターに16歳と26歳の菜穂、未来への手紙セレモニーも

979

高野苺原作による実写映画「orange-オレンジ-」のポスタービジュアルが公開された。

映画「orange-オレンジ-」ポスタービジュアル(c)2015「orange」製作委員会 (c)高野苺/双葉社

映画「orange-オレンジ-」ポスタービジュアル(c)2015「orange」製作委員会 (c)高野苺/双葉社

大きなサイズで見る(全5件)

ポスターでは、未来の自分から手紙が届くという本作のストーリーを表現。16歳と26歳の主人公・高宮菜穂が、一緒にベンチに腰掛ける姿がファンタジックに切り取られている。

“未来への手紙”を書いた山崎賢人と土屋太鳳。(c)2015「orange」製作委員会 (c)高野苺/双葉社

“未来への手紙”を書いた山崎賢人と土屋太鳳。(c)2015「orange」製作委員会 (c)高野苺/双葉社

なお菜穂役の土屋太鳳と成瀬翔役の山崎賢人は、クランクインに先立ち“未来への手紙”を書くセレモニーを実施。「今は伝えられないが、映画の公開初日である12月12日になら伝えられること」というテーマのもと、NHK連続テレビ小説「まれ」でも共演しているコンビがお互いに向けての手紙を記し、鍵の付いた“orangeポスト”へ投函した。

「orange」は16歳の女子高生・高宮菜穂のもとに10年後の自分から手紙が届き、彼女が恋をした翔を救うため奮闘するSFラブストーリー。映画では監督を「鈴木先生」の橋本光二郎、脚本を「陰日向に咲く」「ヘルタースケルター」などの金子ありさ、音楽を「あまちゃん」で知られる大友良英がそれぞれ担当する。

この記事の画像(全5件)

関連記事

リンク

関連商品