コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

コロコロコミック初の公式ショップがオープン!「毎日がお祭りみたいなお店に」

431

左からフーパ、ピカチュウ、松本しげのぶ、じゅんいちダビッドソン、和田誠編集長、怪盗ジョーカー、じーさん。

左からフーパ、ピカチュウ、松本しげのぶ、じゅんいちダビッドソン、和田誠編集長、怪盗ジョーカー、じーさん。

月刊コロコロコミック(小学館)の公式ショップ「コロコロBASE~コロコロひみつ基地~」が、本日7月15日にららぽーと富士見にオープン。それを記念し、記者発表会が実施された。

店内にはコロコロコミック編集長の和田誠と、スペシャル店長として本田圭佑のモノマネで知られるお笑い芸人のじゅんいちダビッドソンが登場した。幼少期には同誌にて連載されていた、ながいのりあき「がんばれ!キッカーズ」などを好んで読んでいたというじゅんいち。じゅんいちと和田編集長は、3人の男子小学生とともに店内に設置されたシューティングアクションゲーム「でんぢゃらすじーさんのオナライトニングキャノン」を体験することに。迫り来るウンコをじーさんのおならの力で吹き飛ばすというゲームに真剣な表情でチャレンジする2人だが、結果は惨敗。じゅんいちは「指のトレーニングは普段しないのでしんどかったですね。今度プレイするときは左足で押そうと思います」とリベンジを誓った。

また店内に設置されたコロコロコミックを模した巨大モニュメントの前には、同誌にて「デュエル・マスターズ VS」を連載中の松本しげのぶの姿が。松本は「マンガ家になってからこういう店がずっとできればいいなと思ってたので感無量です」とショップの開店に喜びを露わにする。またモニュメントにはオープンを記念して、松本による直筆のサインとイラストが描かれた。

最後に和田編集長は「コロコロコミックは小学生の男の子がメイン読者だが、家族全員に来ていただいても楽しめる店だと思う」と語り、「毎日がお祭りみたいなお店にしたいなと思っているので、ぜひ応援よろしくお願いします」とアピール。じゅんいちとともに「コロコロBASE、グラッチェ!」とポーズを決め、発表会は幕を閉じた。

コロコロBASEではショップでしか手に入らないグッズの販売や、今後もさまざまなイベントが予定されている。7月19日には「でんぢゃらすじーさん邪」を同誌にて連載している、曽山一寿のサイン会を実施。当日10時より、コロコロBASE店内にて整理券が配布される。

コミックナタリーをフォロー