週チャンですぐ死ぬ吸血鬼描くギャグ新連載、「実は私は」アフレコレポも

151

新鋭・盆ノ木至の新連載「吸血鬼すぐ死ぬ」が、本日6月25日発売の週刊少年チャンピオン30号(秋田書店)にてスタートした。

「吸血鬼すぐ死ぬ」の扉ページ。

「吸血鬼すぐ死ぬ」の扉ページ。

大きなサイズで見る(全3件)

「吸血鬼すぐ死ぬ」は、ダメな吸血鬼を中心に展開されるギャグマンガ。真祖にして無敵と恐れられる吸血鬼の元から帰ってこない子どもを助けるため、吸血鬼退治人が城へ向かう場面から物語は始まる。

また今号から3号連続で、「てんむす」の稲山覚也によるアニメ「実は私は」のアフレコレポートも掲載。憧れの声優に会えた感動と、スタッフの熱意が描かれている。

この記事の画像(全3件)

稲山覚也のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 稲山覚也 / 盆ノ木至 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。