舞台「ドン・ドラキュラ」本日開幕、ケンチ「EXILEとは違うダンスを」

234

手塚治虫「ドン・ドラキュラ」を原作とする舞台が、本日4月9日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕する。

「ドン・ドラキュラ」公開稽古の様子。(c)手塚プロダクション

「ドン・ドラキュラ」公開稽古の様子。(c)手塚プロダクション

大きなサイズで見る(全33件)

囲み取材の様子。(左から)脚本・演出の徳尾浩司、ルーシー役の原田夏希、ドン・ドラキュラ伯爵役の橘ケンチ(EXILE)、チョコラ役の神田愛莉、ヘルシング教授役の池田鉄洋。(c)手塚プロダクション

囲み取材の様子。(左から)脚本・演出の徳尾浩司、ルーシー役の原田夏希、ドン・ドラキュラ伯爵役の橘ケンチ(EXILE)、チョコラ役の神田愛莉、ヘルシング教授役の池田鉄洋。(c)手塚プロダクション[拡大]

初演に先駆けて行われた囲み取材には、ドン・ドラキュラ伯爵として主演を務める橘ケンチ(EXILE)、その娘・チョコラを演じる神田愛莉、チョコラの担任教師・ルーシー役の原田夏希、ドン・ドラキュラ伯爵をつけ狙うヘルシング教授役の池田鉄洋、そして脚本・演出を手がけた徳尾浩司が登壇した。

「ドン・ドラキュラ」公開稽古の様子。(c)手塚プロダクション

「ドン・ドラキュラ」公開稽古の様子。(c)手塚プロダクション[拡大]

ドラキュラ伯爵を演じるケンチは、金髪に赤いマントという風貌。「ドラキュラは黒いマントのイメージがあるが、逆に赤にして、そのイメージを覆していこうと」と語り、「劇場のみなさんがどれだけ気づくかわかりませんが、赤いカラーコンタクトを入れてます」と、細かい部分にまでこだわりキャラクター作りをしていることを明かした。

池田鉄洋演じるヘルシング教授。 (c)手塚プロダクション

池田鉄洋演じるヘルシング教授。 (c)手塚プロダクション[拡大]

脚本・演出の徳尾は「一風変わったコメディに仕上がっているので、原作との差も楽しんでいただければ」と話し、ケンチは「原作にはもちろん敬意を払いつつ、この座組で、いい意味で期待を裏切るような『ドン・ドラキュラ』をお届けしたい。原作ではヘルシング教授が小さくてちんちくりんなイメージだったんですけど、今回は池田さんにお引き受けいただいて、マッドサイエンティストみたいなヘルシングになりました。原作ファンにも楽しんでいただけるのでは」と原作との違いを語る。

ドラキュラ伯爵の娘役・神田愛莉はケンチのドラキュラ姿について感想を求められると「かっこいいです」とほほえむ。ケンチは「いい子だねえ(笑)」と神田の肩を引き寄せ、その姿はまるで本当の親子のようだった。また徳尾は「EXILEのケンチさんとは違うケンチさんが見られると思います」と述べると、ケンチも「オープニングのダンスもEXILEで披露しているようなダンスはやらない」と語る。「ドラキュラにはコンテンポラリーダンスのイメージがあったので、近藤良平さんに協力していただき、話し合いながら僕の中のコンテンポラリーっぽいエッセンスを引き出してもらった」と、普段とは違うダンスに期待を煽った。

「ドン・ドラキュラ」は、吸血鬼を信じない現代社会に生きるドラキュラ親子を描いたドタバタコメディ。ルーマニアのトランシルヴァニアから練馬区の住宅街に移り住んだドン・ドラキュラ伯爵と、反抗期だが父親思いの娘・チョコラを中心としたドラマが繰り広げられる。原作は1979年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)に連載。舞台は本日より4月14日まで全8公演で上演される。

この記事の画像・動画(全33件)

「ドン・ドラキュラ」

期間:2015年4月9日(木)~14日(火)
会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo

原作:手塚治虫
脚本・演出:徳尾浩司

出演

ドン・ドラキュラ伯爵:橘ケンチ(EXILE
ルーシー:原田夏希
モリス:根本正勝
ノブヒコ:矢田悠祐
カケル:安西慎太郎
チョコラ:神田愛莉
センヌ:阿井莉沙
ブロンダ:平田敦子
イゴール:野添義弘
ヘルシング教授:池田鉄洋 ほか

全文を表示

関連記事

手塚治虫のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 手塚治虫 / EXILE / 原田夏希 / 根本正勝 / 阿井莉沙 / 平田敦子 / 野添義弘 / 池田鉄洋 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。