コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

少年ライバル1周年、コラボにゲストでお祭り騒ぎ

月刊少年ライバル(講談社)は4月4日に発売される5月号にて創刊1周年を迎える。5月号からの少年ライバルは、1周年を祝した記念企画が目白押しとなる。

創刊1周年記念号となる5月号では、少年ライバルのキャラクターが総出演する合作マンガを掲載。松本ひで吉「ほんとにあった!霊媒先生」の黒ねこを主役とした時代劇が繰り広げられる。また特別付録として、同じく黒ねこを題材とした手帳がついてくるなど、雑誌をあげて大々的に黒ねこをフィーチャー。

その他、特別ショートギャグ、4コマ特集「ギャグパレード RETURNS」。豪華賞品が当たる「ライバルBINGO!」、第1回少年ライバルコミック大賞入選作家・沢田家による新連載「HOOPE!」など、1周年記念号にふさわしい豪華な内容が展開される。

さらに6月4日発売予定の7月号以降からは、週刊少年マガジン(講談社)および月刊少年マガジン(講談社)で連載中の人気作品が出張ゲストとして続々と読み切りで登場。

天樹征丸原作、さとうふみや作画「金田一少年の事件簿」、安童夕馬原作、朝基まさし作画「シバトラ」、伊賀大晃原作、月山可也作画「エリアの騎士」、前川たけし「鉄拳チンミ」、瀬尾公治「君のいる町」、吉河美希「ヤンキー君とメガネちゃん」などがゲストとして出張してくる予定だ。豪華すぎるメンツに震えて待ってほしい。

コミックナタリーをフォロー