コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

鳥取砂丘&「ハルヒ」のツガノガクがエースでW新連載

68

本日4月26日発売の月刊少年エース6月号(角川書店)では、「涼宮ハルヒの憂鬱」のマンガ版を手がけたツガノガク、「G専ラフスケッチ」の鳥取砂丘による新連載2本がスタートした。

ツガノの新連載「マンガヤ」はマンガ家を目指す高校生の男女を軸に、ビジネス視点でマンガ業界を描く青春劇。金のためにマンガ家になると言い切る青年は、大手出版社・SUMIKAWAへ持ち込みに行った帰り道で怪しい少女に出くわし……。

また鳥取砂丘は不思議な街の日常を描く「逢刻町そらそれ」を連載開始。異星人のような人々でひしめく複雑に入り組んだ逢刻町を舞台に、女性2人の同居生活をノスタルジックに綴るファンタジーだ。

このほか今号の付録は水無月すう描き下ろしによる「そらのおとしもの」イカロスのポスターと、新鋭の読み切りを集めた小冊子「少年エースをねらえ!」。小冊子には、連載を懸けて競う5作品が収録されている。

コミックナタリーをフォロー