コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

天堂きりん「きみが心に棲みついたS」フィーヤンで始動

53

本日10月8日に発売されたフィール・ヤング11月号(祥伝社)にて、天堂きりんの新連載「きみが心に棲みついたS」がスタートした。これはKiss PLUS(講談社)にて連載されていた「きみが心に棲みついた」が、タイトルも新たに再始動するもの。今号では星名の過去にまつわるエピソードが描かれている。

このほか、いがわうみこの新連載「ちぇみと三兄弟」も始動。天涯孤独の少女が、ある男性と出会うところから物語が始まる。なおいがわの新刊「さよならまたこんど」も本日同時に発売された。これはフィール・ヤングにて連載されていた「青の糸 赤の三角 白い夢」を改題したもの。

また志村志保子が読み切り「名づけそむ」を発表。今日マチ子「鬼と羽衣」と、安堂維子里「みちゆき」は最終回を迎えた。マンガ家のごはん事情を紹介するリレー連載「漫画家ごはん日誌」には野田彩子が、ゲストの本棚を紹介する「私の本棚」にはこうの史代が登場した。

次号フィール・ヤング12月号では、安野モヨコの新連載「鼻下長紳士回顧録」がスタート。鳥野しの「オハナホロホロ」の番外編も掲載される。

コミックナタリーをフォロー