音楽ナタリー

真野恵里菜、怪談映画会見“霊感ドッキリ”で思わず涙

31

本日8月13日、映画「怪談新耳袋 怪奇」公開記念イベント「赤坂怪談」が東京・赤坂サカス特設ステージにて行われた。

“13日の金曜日の仏滅”に合わせて開催されたこのイベント。ステージには、今回が映画初出演にして初主演となる真野のほか、吉川友(ハロプロエッグ)、北原沙弥香(ハロプロエッグ)、鈴木かすみ、坂田梨香子、岡本紗里ら映画に出演した女優陣が登壇した。

イベント開催前には報道陣向けの会見も実施。TBSプロデューサーの丹羽多聞アンドリウが進行する中、真野は「私は本当にホラーが苦手なんです。今日も手が震えててイヤな予感がするけど、映画のすばらしさと怖い話を楽しんでほしい」と挨拶。続いて吉川が「初めての映画出演で緊張しましたが、自分のように活発の女の子を演じました」、北原は「世渡り上手の役です」と自分の役柄や映画の見どころを解説した。

また、この会見では真野に対する“ドッキリ”企画も実行された。これは「霊感がある」と主張する北原と坂田が「真野ちゃんの背後に気配を感じる……」と怖い話を始めた瞬間、ステージ後方の仏像が突然音を立てて転倒するというもの。あくまでドッキリ的な演出だったが、登壇者の中で唯一ターゲットとなった真野は「ビックリしたー! もうー!」と驚きのあまり涙を浮かべていた。

記者との質疑応答で、真野は「ひとりで観に行く勇気がなければ、ホラーが好きな友達や家族と一緒なら“軽くなる”」とホラー映画が苦手なファンにアドバイス。「ただ怖いだけの映画じゃないので、ストーリーも観てほしいなと思います」と、最後には笑顔でアピールした。

「怪談新耳袋 怪奇」は9月4日よりシアターN渋谷ほか全国でロードショー。真野は「ツキモノ」「ノゾミ」の2作品で、ともに主役を演じている。

音楽ナタリーをフォロー