音楽ナタリー

「SING」舞台挨拶にスキマ大橋ら登壇、坂本真綾は主役の名前をド忘れ

901

「SING / シング」公開記念舞台挨拶の様子。

「SING / シング」公開記念舞台挨拶の様子。

映画「SING / シング」の公開記念舞台挨拶が、本日3月18日に東京・TOHOシネマズ スカラ座で開催。日本語吹替版の声優を務めた内村光良長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一坂本真綾宮野真守大地真央と、音楽プロデュースを務めた蔦谷好位置が登壇した。

ゴリラのジョニー役を演じた大橋はアフレコを振り返り「声優、お芝居は初挑戦でしたが、ジョニーの境遇が自分に似ているところもあり、重ね合わせてがんばりました」と語る。宮野は「小さい頃からテレビで見ていた内村さんとの親友役、マモとマモーの共演で本当にうれしいです」と喜びを明かし、蔦谷は「初めてこんな経験をさせてもらい、気になってTwitterでエゴサーチしまくりました。『いいね』するので皆さん音楽を褒めてください!(笑)」と観客に語りかけた。

出演するキャラクターたちについて質問されると、坂本は内村が演じた主人公のコアラ、バスターの名前をド忘れ。「あの、コアラの、お名前なんでしたっけ……」と動揺し、周囲から「バスター! バスター!」とフォローされるも、続けて「すみません……(笑)バスターと、宮野さんの羊が……」と、今度は宮野が演じた羊のエディの名前を忘れ、宮野から「エディって言います!(笑)」と自己紹介される事態に。場内は爆笑に包まれた。

また「夢を叶える」という映画のテーマにちなみ、出演者たちは今後の夢を語る。蔦谷は「早くも続編がすでに決定しているとのことなので、自分が外されずにまた携わらせていただくことが夢です」、大橋は「この作品でエルトン・ジョンの曲を歌わせてもらったので、海外でコンサートができたら」と話す。一方、内村は「私の演じた役名がバスター・ムーンだと知ってもらいたい(笑)」と先ほどの坂本のド忘れ事件を引き合いに出し、観客を笑わせていた。

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
映画「SING/シング」特集 蔦谷好位置(吹き替え版音楽プロデューサー)×三間雅文(吹き替え版演出)対談

音楽ナタリーをフォロー