音楽ナタリー

おかげさまでナタリー10周年

ハコムス×RYUTist、ジェスチャーゲームや楽曲交換で親睦深めたツーマンライブ

159

「PENGUIN DISC presents『ハコイリ▽ムスメ×RYUTist 』東京公演」の様子。

「PENGUIN DISC presents『ハコイリ▽ムスメ×RYUTist 』東京公演」の様子。

12月29日に東京・AKIBAカルチャーズ劇場にてハコイリ▽ムスメRYUTistによるツーマンライブ「PENGUIN DISC presents『ハコイリ▽ムスメ×RYUTist 』東京公演」が開催された。

タワーレコード内のレーベル・PENGUIN DISCに所属しいるハコムスとRYUTistは、昨年9月にRYUTistの活動拠点である新潟でツーマンライブを実施。ハコムスがホームのAKIBAカルチャーズ劇場にRYUTistを招く形で行われた今回の公演では、2組によるコラボレーションを含むバラエティ豊かなステージが展開された。

オープニングSE「RYUTiswing take3」に合わせステージに登場したRYUTistは、五十嵐夢羽の「今日は一緒に楽しんでいきましょう!」のかけ声からウィンターソング「冬の魔法」でライブをスタートさせる。丁寧な言葉遣いで自己紹介を済ませた4人は、続けて「Winter Wish」「Sunsetガール」「Winter merry go round」を連投。おなじみのゆるキャラ紹介で観客を和ませ、「新潟には素敵な食べものや場所がたくさんあるので、遊びに来てくれたらうれしいです!」と地元新潟をアピールしたのち、スローテンポなナンバー「Blue」「金色の海と七色のDays」をしっとりと歌い上げていく。感動的な空気で場内を満たした彼女たちは片手にゆるキャラのぬいぐるみを持ってライブの定番曲「ラリリレル」を披露。お決まりの挨拶の「ラリリレル、ばはははい!」をファンと一緒に叫び、ハコムスにバトンをつないだ。

ハコムスは最初に井上姫月の歌い出しで始まる「乙女はびっくり箱」を届け、2曲目に新田恵利「ロマンスは偶然のしわざ」のカバーをパフォーマンス。リーダーの鉄戸美桜はRYUTistのライブについて「楽屋で見させていただいたんですけど、すごく最高な気持ちになりました」と話し、「次はAKIBAカルチャーズ劇場でやれたらいいねって話してたので、年内に叶ってうれしいです」と今回の公演が実現したことへの喜びを露わにした。バイオリンを弾く振り付けが印象的な「夢見るヴァイオリン」や「約束のポニーテール」を歌唱した7人は、阿部かれんが「アイドリング!!!さんが大切にされていた曲なので歌うときはとても緊張するんですが、これから大事に歌っていきたいと思います」と語る「Like a Shooting Star」を披露。さらに斉藤由貴のカバー「少女時代」「土曜日のタマネギ」を立て続けに投下したあと、昨年11月にPENGUIN DISCからリリースしたシングル曲「ハコいっぱいのプレゼント」で観客を魅了した。

ハコムスがRYUTistを再びステージに呼び込むと、「RYUTistさんともっと仲良くなりたいということでこんな企画を用意しました」という鉄戸の紹介から「ユニット混合ジェスチャー対決」と題したジェスチャーゲームが展開される。彼女たちは阿部、井上、神岡実希、五十嵐、佐藤乃々子からなる「のっぺチーム」と、我妻桃実、吉田万葉、星里奈、宇野友恵、横山実郁による「ツナチェダーチーズチーム」の2チームに分かれて対決。結果は「ツナチェダーチーズチーム」が勝利するも、「コロッケ(人)」という問題が難し過ぎたとのクレームを受けて司会を務めた鉄戸がお笑いタレントのコロッケのものまねに挑戦することに。強烈な顔芸と共にコロッケの持ちネタである岩崎宏美「シンデレラ・ハネムーン」を踊り観客の笑いを誘った彼女は、「案外受けがよくてよかった。これやっちゃうともう恥ずかしいものはない」と胸中を吐露した。

ゲームで双方のファンを和ませた2組は、RYUTistの楽曲「チュララ」をコラボレーション。さらにお互いのオリジナル曲を交換して披露し合い、RYUTistはハコムスのウインターソング「さよならのプリエール」を見事に歌い上げてオーディエンスを圧倒した。一方のハコムスはRYUTistの「海岸ROADでオトナッTunes!」を元気いっぱいにパフォーマンス。曲中の合いの手をかわいらしく表現してハコムスの新しい一面を見せつける。その後両グループはハコムスの持ち曲である上田愛美「なかよし」を歌い、大縄跳びをする振り付けを11人全員で繰り広げた。互いに曲をカバーし合ったことについて、RYUTistの宇野は「一生懸命踊れたかなと思います。ハコムスさんはすごくかわいかったです!」と話し、ハコムスの我妻は「セリフっぽい部分があって難しかったです。手汗大感謝祭です」「いつか2組でCDを出せたらいいな。それをPENGUIN DISCの目標にしたい」と語った。そして最後は鉄戸が「2組でPENGUIN DISCをもっと盛り上げていければいいなと思います」と意気込みを述べ、ツーマンライブを締めくくった。

「PENGUIN DISC presents『ハコイリ▽ムスメ×RYUTist』東京公演」
2016年12月29日 AKIBAカルチャーズ劇場 セットリスト

RYUTist

00. RYUTiswing take3
01. 冬の魔法
02. Winter Wish
03. Sunsetガール
04. Winter merry go round
05. Blue
06. 金色の海と七色のDays
07. ラリリレル

ハコイリ▽ムスメ

01. 乙女はびっくり箱
02. ロマンスは偶然のしわざ(オリジナル:新田恵利)
03. 夢見るヴァイオリン(オリジナル:Qlair)
04. 約束のポニーテール(オリジナル:三浦理恵子)
05. Like a Shooting Star(オリジナル:アイドリング!!!)
06. 少女時代(オリジナル:斉藤由貴)
07. 土曜日のタマネギ(オリジナル:斉藤由貴)
08. ハコいっぱいのプレゼント

ハコイリ▽ムスメ×RYUTist

01. チュララ
02. さよならのプリエール(RYUTist
03. 海岸ROADでオトナッTunes!(ハコイリ▽ムスメ
04. なかよし(オリジナル:上田愛美)

※文中▽はすべて白抜きハートマーク。

音楽ナタリーをフォロー