音楽ナタリー

Dream Ami、ディズニー新作「ズートピア」日本語版の歌姫に抜擢

130

DreamのAmiが、4月23日より全国公開されるディズニー映画「ズートピア」の日本語版主題歌「トライ・エヴリシング」の歌唱を担当することが明らかになった。

「トライ・エヴリシング」は物語のヒロインであるジュディが家族と別れて理想郷“ズートピア”へと旅立つ、映画の要となるシーンに流れる楽曲。劇中でこの曲を歌うズートピアの美しきポップスター・ガゼルの声はラテン系女性シンガーのシャキーラが務めており、その日本語バージョンを歌う歌手、ならびにガゼル役の声優としてAmiに白羽の矢が立った。

ディズニーアニメーションのすべてを手がけるミュージックスーパーバイザーのトム・マクドゥーガルは、Amiについて「日本語バージョンを作るにあたり、Dream Amiの歌をいくつか聴かせてもらったのですが、一発で気に入りました。もともとJ-Popが大好きなんですが、彼女はこの曲を歌うのにピッタリのアーティストですし、まさしく完璧なチョイスだと思いますよ」とコメント。また「ズートピア」のプロデューサーであるクラーク・スペンサーは「この曲のポジティブなメッセージを見事に捉え、感情たっぷりに歌い上げていて、本当に素晴らしいですね。ノリのいいポップソングではありますが、アーティストはそこに込められた思いやメッセージをきちんと心で感じ取って歌う必要があります。彼女の歌声からは、それがしっかりと伝わって来ます」とAmiの歌声を絶賛している。

大役を任されたAmiは「想像もしていなかったので、夢のような感覚です。多くの方がそうであるように、私も小さい頃からディズニー映画に魅了され続けてきた1人ですので、突然夢が叶いとてもうれしく、幸せに感じております」と熱い思いを語っている。

音楽ナタリーをフォロー