音楽ナタリー

小池美由、花やしきで難題謎解きかくれんぼ

152

花やしきスタッフに扮した小池。

花やしきスタッフに扮した小池。

小池美由のメジャーデビューシングル「宇宙かくれんぼ」の発売記念イベント「小池の謎解きかくれんぼ in 浅草花やしき」が、本日7月12日に東京・浅草花やしきにて開催された。

浅草花やしき全体を使った、大掛かりな謎解きゲーム形式で行われた今回のイベント。小池はまず園内中央のフラワーステージでデビュー曲「宇宙かくれんぼ」を歌い、ステージ上で「小池の謎解きかくれんぼ」の開会を宣言した。

「小池の謎解きかくれんぼ」参加者は、スタート時に手渡された「謎の書」をもとに、敷地内に隠された問題を1つひとつ解いていく。謎解きはイベント制作団体UniBirthの協力による本格的なもので、最終的に導き出される暗号がわからなければ、小池の待つゴールまでたどり着くことはできない。そのため小池はゲーム中、花やしきスタッフの衣装を着て密かに敷地内を巡回し、小池を見つけて「小池美由さんですか?」と声をかけられると自らヒントを教えるというサービスを用意した。小池発案の“かくれんぼ”だ。

謎を解き進めると「コンニチハ」「アクシュ」「ヨロシク」という3つのキーワードが浮かび上がり、次の段階でもらえるカードには「君の手で友達100人作れ」と書かれている。このカードを正しく折り畳み出てくるキーワード「ミツケタ」が“かくれんぼ”の最終解答で、目的地の「花やしき座」に入場するための合言葉となっていた。およそ2時間の制限時間を経て、正解にたどり着いたファンは花やしき座に入場。小池は満面の笑みでファンの前に登場した。

なお最後まで謎が解けなかった人も入場は可能だったが、座席には解答者用に用意されたクッションもなく、小池から渡された「平民」の札を首に下げるという恥ずかしい目に。小池はゴールまでたどり着けなかったファンを心配しつつ、UniBirth奥内氏を呼び込むと、難問を1つひとつ解説した。小池はこの謎解きに「みんなで1つの目標に向かってコミュニケーション不足を解消して友達を作ってほしい」というメッセージを込めたのだという。さらに小池と奥内氏は、謎解き順位の上位3名を発表。この3名に、小池とのジャンケンにより選ばれた3名を加えた6名には、イベント終了後に小池と一緒に絶叫マシーン「スペースショット」に乗る権利が与えられた。

小池は花やしき座のステージで「宇宙かくれんぼ」「大好き」「Shooting Star」の3曲をパフォーマンス。ライブのあとはスペースショットへと移動し、選ばれた6名のファンと一緒に、地上60mまで一気に上がり急降下するスリリングなアトラクションを満喫した。

小池はこのあと、7月30日に東京・東京湾納涼船メインデッキステージにて「小池美由サマースペシャルライブ2014」を実施。さらに8月10日には東京・新宿スポーツセンターにて、シングル「宇宙かくれんぼ」購入者を対象とした応募券抽選参加イベント「小池のスポーツが苦手な人のためのスポーツ大会」を行う。また「東京アイドルゲート」や「東京アイドルフェスティバル2014」などのイベントへの参加も決定しているので、気になる人はぜひ足を運んでおこう。

小池美由サマースペシャルライブ2014

2014年7月30日(水)東京都 東京湾納涼船メインデッキステージ

小池のスポーツが苦手な人のためのスポーツ大会

2014年8月10日(日)東京都 新宿スポーツセンター

音楽ナタリーをフォロー