映画ナタリー

黒沢清のオールナイト上映で「回路」「ニンゲン合格」など4本を朝まで堪能

129

「回路」 (c)角川映画・日本テレビ・博報堂・IMAGICA/2001

「回路」 (c)角川映画・日本テレビ・博報堂・IMAGICA/2001

「世界の映画作家Vol.193 黒沢清アンコール 意思を持つ均衡」と銘打たれたオールナイト上映が、11月18日深夜から翌朝にかけて東京・新文芸坐にて行われる。

「散歩する侵略者」「予兆 散歩する侵略者 劇場版」が現在公開中の黒沢清。この特集では、1997年から2001年に公開された黒沢の作品4本が上映される。哀川翔とタッグを組んだ復讐劇「復讐 運命の訪問者」「復讐 消えない傷痕」、2001年にカンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞したホラー「回路」、西島秀俊役所広司が共演した家族のドラマ「ニンゲン合格」がラインナップされた。

チケットは劇場窓口およびチケットぴあにて販売中。

世界の映画作家Vol.193 黒沢清アンコール 意思を持つ均衡

2017年11月18日(土)東京都 新文芸坐
開場 22:15 / 開映 22:30 / 終映 翌5:40(予定)
<上映作品>
「復讐 運命の訪問者」
「復讐 消えない傷痕」
「回路」
「ニンゲン合格」
料金:一般 2300円 / 前売り券、友の会 2100円
※18歳未満は入場不可

映画ナタリーをフォロー