映画ナタリー

花江夏樹が浪川大輔の“失神”事件イジり倒す、「デジモンtri.」舞台挨拶

427

「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から花江夏樹、浪川大輔。

「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から花江夏樹、浪川大輔。

デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」の大ヒット御礼舞台挨拶が本日10月14日、東京・新宿バルト9にて開催され、キャストの花江夏樹浪川大輔が登壇した。

本作は、全6章で製作される「デジモンアドベンチャー tri.」シリーズの第5弾。八神太一ら“選ばれし子どもたち”とパートナーデジモンたちの冒険を描く。花江が太一、浪川が西島大吾に声を当てる。

現在の心境を聞かれた花江は「もう5章まで来たのか、という感覚。物語もいよいよクライマックスに入り、5章を観終わったあと大きくため息を付きました」とコメント。「劇場が皆さんの涙ですごい湿気」と初っ端からボケる浪川は「花江くん、いや太一が心配。あんな進化を遂げるとは」と驚きを語る。

「太一がカッコいいシーンが多かった」と5章の感想を述べる花江が「昔のカッコいい太一が帰ってきた。監督から『5章の太一はカッコいいし、大事なシーンもあるのでちゃんとやってください』と言われました」と述べると、浪川は「じゃあ今までちゃんとやってなかったってこと?」と笑いながらツッコむ。見どころについて浪川が「やっぱり戦闘シーン。5章だと究極進化。どこまでいくんですか?と問いたいぐらい」と語ると、花江は「ずっと進化のシーンが続くところがあるので宮崎(歩)さんずっと歌ってる」と被せ、観客を笑わせる。

MCからアフレコの様子を聞かれた花江は「1章から5章までアフレコを重ねているので仲良くなっている。先輩も後輩も関係なく話したりしています」と返答。浪川が「モン(デジモン)のキャストは先輩の方々なんですが、本当にいい雰囲気」と続けると、花江は「櫻井(孝宏)さんはモンたちの中で1人だけ男なので肩身が狭そう」と笑顔でぶっちゃける。その後、花江は櫻井が声を当てるカブテリモンのモノマネをして観客にサービス。

花江は、これまでの舞台挨拶でも話題になってきた浪川の“失神”事件にも言及する。「1章のアフレコで西島が太一のことを呼ぶシーンがあったんです。その場面の台本が『おい、矢神』と間違った表記になっていたんですけど、それを浪川さんが『おい、失神』と読んで」と裏話を明かし、観客を笑わせる。浪川が「場を和ませるために言ったんでしょうね」と弁明すると、花江は「誰かに聞こうと思わなかったんですか?」とここぞとばかりにイジった。

2018年初夏に公開予定の最終章「デジモンアドベンチャー tri. 第6章『ぼくらの未来』」について花江は「浪川さんはちゃんと『八神』と呼んでます」とさらに被せる。浪川は「皆さんが気になっているものの答えが全部出てくる。“失神”もカッコいいでしょ」と、花江の言葉に乗っかりながら作品の見どころをアピールした。

それぞれ演じているキャラクターと似ているところはあるかMCから聞かれた2人。浪川は花江について「切り替えがしっかりしてるのが太一っぽい。決めるときは決める。あと悪気なく人を利用する。甘え上手」と答える。「私服に短パンが多い」とボケから入った花江が「なんでも相談したくなる。アドバイスをいただいてる」と真面目に語り始めると、浪川は取材陣に「今メモるところですよ」と呼びかけ「僕がアドバイスをしてる。そうするとこんな立派な声優さんになれる」とまくし立てる。花江は「育てられました」と浪川のテンションに押されつつも笑顔で答えた。

「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」は全国で劇場上映中。また新宿バルト9ほかでは上映期間の延長が決定した。詳細は近日中に公式サイトで発表される。

※宮崎歩の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

※映画ナタリーPower Push公開中!
「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」M・A・O×徳光由禾×荒川美穂×森下由樹子インタビューPR

(c)本郷あきよし・東映アニメーション

映画ナタリーをフォロー