映画ナタリー

「世界ネコ歩き」岩合光昭が語る、吉岡里帆の声は「猫に合っているなあ」

124

左から岩合光昭、吉岡里帆。

左から岩合光昭、吉岡里帆。

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」より、ナレーションを担当した岩合光昭吉岡里帆のコメントが到着した。

本作は、NHK BSプレミアムで放送中の番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」を、未公開シーンを加えて再編集したもの。青森・津軽のりんご農園に暮らすコトラ一家をはじめ、世界6カ国の猫たちが登場する。

岩合は「吉岡さんの声を聞いて感じたのは、とにかく“猫に合っているなあ”ということです。そんな吉岡さんの声も聴きながら、僕もより自然体でナレーションに臨むことができました」と、吉岡は「この愛らしい猫ちゃんたちの邪魔にならないよう、より魅力が伝わるよう音入れしたいと心から思いました」とそれぞれコメント。また岩合は、今夏に追加撮影を行った場面に触れて「命の引き継ぎがずっと続いているあのりんご農園は、今の時代、本当に貴重な場所です。“命の大切さ”をこの作品を通じて皆さんに感じていただけたらうれしいです」とメッセージを送った。

「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」は、10月21日より全国ロードショー。

岩合光昭 コメント

吉岡里帆さんがとても落ちついてナレーションに臨んでいたのが印象的でした。そして、吉岡さんの声を聞いて感じたのは、とにかく“猫に合っているなあ”ということです。そんな吉岡さんの声も聴きながら、僕もより自然体でナレーションに臨むことができました。僕たちが丹精込めて想いを込めたナレーションも映像とともに劇場で楽しんでいただければと思います。
追撮で久々に訪れた津軽のりんご農園、今回も飾らないありのままのリッキーやハナの姿を撮影することができました。母猫になったハナの子育てに、たくましく成長したリッキーの表情に、母コトラの姿を感じます。追撮前、(何が起きているかわからないので) 彼らに会いに行っていいのか?という思いもありました……。でも、やはり、会いに行ってよかった。
(オオトラからコトラへ、)コトラからリッキー、ハナたち、そしてまたその子たちへ、そんな命の引き継ぎがずっと続いているあのリンゴ農園は、今の時代、本当に貴重な場所です。“命の大切さ”をこの作品を通じて皆さんに感じていただけたらうれしいです。

吉岡里帆 コメント

事前に世界ネコ歩き制作スタッフの方々とお会いして、撮影現場での話を聞きながらナレーションのまだ入っていない素の映像を拝見しました。岩合光昭さんが長い時間をかけて丁寧に丁寧に猫と向かい合ってこられたんだと、ひしひしと伝わってきました。この愛らしい猫ちゃんたちの邪魔にならないよう、より魅力が伝わるよう音入れしたいと心から思いました。どんな言葉を入れるのかも前もって話をさせて頂きました。
本番当日は、コトラの赤ちゃんたちに寄り添いたく思い、優しく繊細な空気感で挑みました。できるだけ柔らかく家族の在り方やニュアンスが伝わるようにスタッフさんと話し合いながらアフレコしました。岩合さんの撮った猫ちゃんたちはスクリーンの中でちゃんと生きています。必ずその姿に心動かされると思います。劇場でお会いしましょう。

(c)Mitsuaki Iwago

映画ナタリーをフォロー