映画ナタリー

乃木坂46西野七瀬、白石麻衣ら感涙!「あさひなぐ」初日にサプライズ連続

197

吉井和代さん(中央右)から花束を受け取る西野七瀬(中央左)。

吉井和代さん(中央右)から花束を受け取る西野七瀬(中央左)。

乃木坂46が出演する映画「あさひなぐ」の初日舞台挨拶が、本日9月22日に東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、乃木坂46の西野七瀬桜井玲香松村沙友理白石麻衣伊藤万理華生田絵梨花、共演の富田望生、監督の英勉が登壇した。

本作で薙刀に青春を懸ける女子高生を演じたキャスト陣は、“勝負衣装”である道着に防具といういでたちで登場。西野は「旭たちの青春も私たちの青春も詰まった作品なので、何回も観てくれたらうれしいなと思います!」と観客に呼びかけた。

この日は彼女たちに薙刀を指導した全日本なぎなた連盟の吉井和代さんからサプライズで手紙が寄せられ、司会者によって代読されることに。主人公・東島旭を演じた西野には、「旭ちゃんがある日突然、『面が打てないんです。人の頭を強く打つようなことは苦手です』と泣き出したときは本当に驚きました。優しい性格の旭ちゃんは、本当につらかったでしょう。しかし主役という責任感からか厳しい対人稽古にも耐え抜いて、しっかりとした面を打てるようになった旭ちゃん。試写を観せていただいたときには、生き生きと打突を繰り出す原作そのままの東島旭になっていました。立派な薙刀剣士ですよ」というメッセージが送られる。これを聞いた西野は「吉井先生が映画を観て、涙してくださっていたのが印象的です。先生方にお会いできて、薙刀を知ることができてうれしいです」と噛み締めるように心境を明かした。

また旭の先輩・宮路真春役の白石には「一番強い役だから一番厳しく稽古しますよ!と最初からプレッシャーを与えてしまった真春ちゃん。重圧に押しつぶされることもなく、『自分の打突に納得できない』と積極的にアドバイスを求めてくる姿はとても頼もしく、凛々しく、地道な努力を積み重ねた結果、見事に強い真春を作り上げていきましたね」、旭のライバル・一堂寧々役の生田には「忙しく十分な稽古時間が取れない中、一度に多くを習得できるよう、危機感を持ってものすごく集中して鏡の前で一生懸命復習していたことを思い出します」と、キャスト陣1人ひとりに宛てて言葉が贈られる。

すると、さらなるサプライズとして吉井さんがステージに登場。今作の薙刀指導に参加した大学生たちと一緒に登壇者に花束を手渡すと、キャスト陣の瞳には大粒の涙が。この様子に、英は「半分、和代さんが監督みたいなものでした。僕は甘いけど和代さんは厳しいんですよ」と冗談交じりに述べつつ、「そんなに泣く? みんな号泣やん!」とツッコミを入れていた。

(c)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 (c)2011 こざき亜衣 / 小学館

映画ナタリーをフォロー