映画ナタリー

「ハルチカ」佐藤勝利と小出恵介がチュー?橋本環奈が初日舞台挨拶で暴露

569

「ハルチカ」初日舞台挨拶の様子。

「ハルチカ」初日舞台挨拶の様子。

「ハルチカ」の初日舞台挨拶が本日3月4日に東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、キャストの佐藤勝利Sexy Zone)、橋本環奈恒松祐里清水尋也前田航基小出恵介、監督の市井昌秀が登壇した。

「ハルチカ」は、初野晴による小説をもとにした青春ストーリー。高校の入学式で再会した幼なじみのハルタとチカが、廃部寸前の吹奏楽部を立て直しコンクール出場を目指すさまが描かれる。ホルン奏者・ハルタを佐藤、フルート担当のチカを橋本が演じた。

ステージに登場した佐藤は「僕たちが一生懸命作ってきたものをついに皆さんに観ていただける日が来ました」と感慨深げに挨拶。続けて映画の見どころを問われた佐藤が「ハルタがチカちゃんに蹴られるシーンですね。あれは幼なじみじゃないとできないと思います」と述べると、橋本は「観ただけで2人の距離感がわかる大事な場面です。試写会で観たとき『こんなに蹴ってたんだ』とびっくりしましたけど」と続ける。清水が「普段できないことをできるのがこの仕事のいいところだよね」と橋本のほうに顔を向けると、佐藤は「僕にとってはよくなかったよ!」と主張し、観客の笑いを誘った。

今回クラリネットの演奏に初挑戦したという恒松は「まさかの天才プロ奏者の役で。学校で筆箱をクラリネット代わりにして練習してました」と回想。また前田は「この映画、実はキスシーンがあるんです。『もしかして勝利くんと環奈ちゃん……?』と思うかもしれないんですけど、残念ながら僕なんです」と冗談交じりに話し、「前田航基の人生最初で最後のキスシーンかもしれないので、我慢して観ていただけると」と観客に呼びかける。

また小出は「最初はボーイズラブの要素があると聞いてたんですよ。そのためにオファー受けたんだけどな」と監督のほうを見やる。すると橋本が「クランクアップの日、(佐藤と)チューしてましたよね?」と暴露し、小出は慌てた様子で「変な感じになるから! ダチョウ倶楽部の上島(竜兵)さんがよくやる、喧嘩して最終的にキスみたいなくだりが一時期流行ってたんです」と弁解。それを聞いた前田が「小出さんの中でしか流行ってない」と、清水が「それ1回きりでした」とツッコミを入れると、会場が爆笑に包まれた。

本日のイベントでは、佐藤と橋本に市井が“卒業証書”を授与するサプライズも。佐藤は受け取った卒業証書を観客に見せながら「関わってくださったすべての皆さんに感謝します。寂しさもあるけど、ここから新しい一歩を踏み出せるようにがんばります」と力強く述べる。そして橋本は「監督からこうして卒業証書を受け取ることができてうれしいです。撮影は大変なことが多かったんですけど、今は達成感でいっぱいです」と笑顔を見せた。

(c)2017「ハルチカ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー