映画ナタリー

「銀魂」新井浩文、佐藤二朗、菜々緒“鬼兵隊”の写真解禁!公式サイトには堂本剛も

1251

左から新井浩文演じる岡田似蔵、菜々緒演じる来島また子、佐藤二朗演じる武市変平太。

左から新井浩文演じる岡田似蔵、菜々緒演じる来島また子、佐藤二朗演じる武市変平太。

小栗旬が主演を務める「銀魂」より、岡田似蔵役の新井浩文、武市変平太役の佐藤二朗、来島また子役の菜々緒のビジュアルが到着した。

本作は、空知英秋のマンガを福田雄一が実写映画化したアクションエンタテインメント。宇宙から襲来した天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、小栗演じる万事屋・坂田銀時の活躍を描く。

このたび公開されたのは、銀時たちの前に立ちはだかる“鬼兵隊”3人のキャラクタービジュアル。彼らは、銀時の幼なじみでもある“攘夷志士の中で最も危険な男”高杉晋助を頭とする、攘夷過激派武装集団だ。

新井演じる似蔵は、盲目でありながら“人斬り似蔵”と呼ばれる居合い斬りの達人。小栗との激しいバトルシーンの撮影を、新井は「大前提として怪我をさせてはいけないが、その中でも本気でやらないと迫力が出ない。怪我をさせないようにだけは、注意してやりました」と振り返る。

鬼兵隊の頭脳である“変人謀略家”変平太役の佐藤は、「高杉一派の1人でありますし、鬼のように強い鬼兵隊の1人ということで、それをちゃんと意識してやりました。という今の僕のコメントが逆に原作ファンの感情を逆なでしないことを祈っています」と恐縮気味にコメント。

そして2丁拳銃使いで“紅い弾丸”と呼ばれるまた子に扮した菜々緒は、「不安要素が強かったのですが、一から手作りで繊細に作っていただいて、衣装やウィッグを初めて身に着けた時、これなら、“来島また子”に近づけるかもしれないと感じました。こうみえてけっこう燃えるタイプなので、やるからには頑張ってやらせていただこう!という想いで臨みました」と語っている。

なお本日より、映画の公式サイトでは高杉役・堂本剛のビジュアルも公開されている。

このほか本作には、菅田将暉橋本環奈長澤まさみ岡田将生ムロツヨシ柳楽優弥吉沢亮中村勘九郎(6代目)らが出演。7月14日より全国ロードショーとなる。

(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会

映画ナタリーをフォロー