映画ナタリー

おかげさまでナタリー10周年

「乱死怒町より愛を吐いて」舞台挨拶、島田角栄「“ハミダシ者”の聖書作る」と熱弁

97

「乱死怒町より愛を吐いて」初日舞台挨拶の様子。左からリカヤ・スプナー、KONTA、鳥居みゆき、白井光浩、島田角栄、川本三吉、大塚明夫、カズミファイブ、石原卓。

「乱死怒町より愛を吐いて」初日舞台挨拶の様子。左からリカヤ・スプナー、KONTA、鳥居みゆき、白井光浩、島田角栄、川本三吉、大塚明夫、カズミファイブ、石原卓。

「乱死怒町より愛を吐いて」の初日舞台挨拶が11月7日、東京・ユーロスペースにて行われた。

「デストロイ・ヴィシャス」の島田角栄がメガホンを取った本作は、広島県尾道市を舞台に、“ハミダシ者”たちの人間模様を、怪しげな音楽とポップな暴力シーンを交えて描き出す人間ドラマ。ミュージシャンの後藤まりこが見世物小屋で働く女・舞役で初主演を果たしたほか、W主演となる劇団犯罪友の会の川本三吉がヤクザから追われるチンピラ・岡田に扮する。また出演者には元バービーボーイズのKONTA、お笑い芸人の鳥居みゆき、声優の大塚明夫ら個性豊かな面々が並ぶ。

イベントには、川本、大塚、KONTA、鳥居のほかにキャストの白井光浩、カズミファイブ、石原卓、リカヤ・スプナー、監督の島田が登壇。満席の劇場を見た島田が「感謝、感謝、感謝です。ほんとにありがとうね、みんな」と満面の笑みで感謝の気持ちを伝えると、客席からは温かな拍手が上がる。

撮影現場の様子を聞かれたKONTAは、撮影中に何度も台風が襲ったことに触れ「よくやったと思います。撮り終えたこともさることながら、まさかこの作品が公開までこぎつけるとは……私は思っていなかった」と冗談交じりにコメント。その言葉に対して「おいおい」「そりゃ、こぎつけるよ」と登壇者から自然にガヤが入り、チームワークのよさをのぞかせる。

続けてマイクを取った鳥居が「撮影中、カンペが出ていてびっくりした。監督に『覚える覚えないということよりも表現力を大事にしてほしい』と言われて、素晴らしいと思った」と振り返る。「それで私が出演するとき、『セリフ長いから(カンペがあって)よかった』と思っていたら、私のときだけカンペが出なかったんです!」と言葉を重ね、会場の笑いを誘う。また作品に対して「私のマネージャーさんが唯一面白いと言った映画」と賞賛を贈った。

島田とタッグを組むのは今回で3度目だと語る大塚は「(島田監督の現場は)何より楽しいです。商業ベースに乗らないような作品を、暴力的に作っていくときにまた呼んでほしい」と自身の気持ちを吐露。一方、3年ぐらい前に癌にかかったことを告白した川本は「島田監督に伝えたら『じゃあ、三吉主役で1本撮ったるわ』と言ってもらえて、作っていただきました」と述べ、感慨にふける。その言葉に対して島田は「お前の演技、最高や」と声を張り上げ、労をねぎらった。

最後にマイクを握った島田が「このメンツでしか撮れない作品を作りました。“ハミダシ者”の聖書を作ることしか考えていません。島田、永遠に映画を撮りますので、また観てやってください」と熱く思いを明かした。

映画ナタリーをフォロー