コミックナタリー

手塚治虫らが活躍した貴重な漫画雑誌、全101冊を展示

74

8月3日より森下文化センターにて、特別展「『漫画少年』とトキワ荘の時代~マンガが漫画だった頃」が開催される。これは昭和22年から30年にかけて学童社より発刊された漫画雑誌、漫画少年と、トキワ荘をテーマにしたもの。

この特別展のために、手塚治虫石ノ森章太郎らが原稿を寄せた漫画少年全101号が集められた。会場には漫画少年のほか、漫画少年投稿者の作品、トキワ荘に関連する漫画家の作品、講談社の前身となる出版社から発刊されていた漫画雑誌・少年倶楽部などが展示される。

展示期間中の8月24日には、トキワ荘跡地とその周辺を案内するイベント、9月1日には永田竹丸のトークショーが行われる。なお森下文化センターでは12月15日まで、特別展と同じテーマを扱う全7回の講座が開かれている。

「漫画少年」とトキワ荘の時代~マンガが漫画だった頃

会期:2013年8月3日(土)~9月1日(日)
休館日:2013年8月5日(月)、19日(月)
時間:9:00~21:00
会場:森下文化センター1階展示ロビー
住所:東京都江東区森下3-12-17
料金:無料
展示内容:「少年倶楽部」、「漫画少年」、「漫画少年」投稿者の作品、トキワ荘関連漫画家作品、田河水泡の弟子たちの紹介、グッズ紹介、ほか

期間中イベント「『漫画少年』とトキワ荘を語る」

日時:2013年9月1日(日)14:00~15:30
会場:森下文化センター3階会議室
料金:無料、要申込
講師:永田竹丸

期間中イベント「トキワ荘の跡地を訪ねて」

日時:2013年8月24日(土)11:00~
会場:南長崎花咲公園からスタート
料金:無料、要申込
案内:トキワ荘通り恊働プロジェクト

コミックナタリーをフォロー