「L・DK」が実写映画化。主役は剛力彩芽、2014年春公開

 
mixiチェック

2013年5月9日 6:00 671

イメージ

主人公・西森葵は剛力彩芽が演じる。(C)渡辺あゆ/講談社 別冊フレンド

イメージ

渡辺あゆ原作による実写映画「L▽DK」(▽はハートマーク)の主人公・西森葵を、剛力彩芽が演じることが決定した。2014年春に公開される。

初の映画主演を務める剛力は、「想像しただけで恥ずかしいシーンが沢山あります。皆さんの憧れの恋愛になりますように。大人気の原作なので原作ファンの期待を裏切らない葵を作りたいです」とコメントし、意気込みを見せた。また監督は川村泰祐、脚本は松田裕子が手掛けることが決定している。

「L▽DK」は一人暮らしをする女子高生・葵が主人公のラブストーリー。あるハプニングにより、学校一のモテ男でツンデレな柊聖と同居することになった、葵の生活が描かれる。最新12巻は5月13日の発売だ。

剛力彩芽コメント

私にとっては初めてのラブストーリー。一人暮らしをしたことのない私は、葵と柊聖くんのふたりが純愛なのにいろいろな超接近戦の同居生活、演じることを想像しただけで恥ずかしいシーンが沢山あります。皆さんの憧れの恋愛になりますように。大人気の原作なので原作ファンの期待を裏切らない葵を作りたいです。楽しみにしていてください。

渡辺あゆ「L・DK(12)」

[漫画] 2013/05/13発売 440円 講談社 978-4063418590

Amazon.co.jpでチェック

Twitterからのコメント

さらに読み込む

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!