星野桂が新作読み切り執筆、ミラクルジャンプは月刊化決定

 
mixiチェック

2013年4月30日 12:46 1172

イメージ

ミラクルジャンプNo.14

本日4月30日に発売されたミラクルジャンプNo.14(集英社)には、「D.Gray-man」で知られる星野桂の新作読み切り「妖の王」が掲載されている。星野は表紙イラストも執筆した。

「妖の王」は、ある和菓子屋に金髪碧眼の異人が現れるところから物語が始まる。彼は559年の歳月をかけて、いなくなった妻を探していると話すが……。また今号では高畠エナガの描き下ろしピンナップを収録。古味慎也「EX-VITA」は、巻頭カラーで最終回を迎えた。

6月下旬に発売される次号ミラクルジャンプNo.15では、高畠エナガがスーパーダッシュ&ゴー!(集英社)にて連載していた「人魚の花籠」が移籍。なお隔月刊だったミラクルジャンプの月刊化が決定した。詳細は次号にて発表される。

Twitterからのコメント

さらに読み込む

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!