コミックナタリー

アメコミ版「サイボーグ009」プレビュー配信、ジョーが動く

303

石森プロと米国Archaia Entertainment社との提携により、7月に発売される石ノ森章太郎「サイボーグ009」の英語版グラフィックノベル「Cyborg009」。1月25日が石ノ森の生誕75周年にあたることを記念して、本日1月23日よりそのプレビュー版が米国のコミック電子配信サービスcomiXologyにて配信されている。

原作の「誕生編」をベースにストーリーをリメイクする「Cyborg009」では、脚本をF.J. DeSantoとBradley Cramp、作画をMarcus Toが担当。comiXologyでは17ページのプレビュー版と、石ノ森版「サイボーグ009」誕生編の61ページをセットにして$2.99で販売する。プレビュー版の表紙には、島村ジョー(009)が加速装置を発動させてブラックゴーストの戦闘員と戦うイラストを使用。“動く表紙”と称して、このイラストが動画のように動いて見える仕掛けが凝らされている。

「Cyborg009」は7月にサンディエゴで行われる「Comic-Con International 2013」にて出版開始予定。米国ほか、英語圏、日本など各国版も制作される。判型はハードカバー大判変形A4サイズ、オールカラー100Pに加え特集記事なども収録。電子版も同時に配信予定だ。

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】