コミックナタリー

「黒執事」映画化!セバス役は水嶋ヒロ&舞台は約130年後

14060

枢やな「黒執事」の実写映画化が決定した。主人公のセバスチャン・ミカエリス役は、水嶋ヒロが演じる。

「黒執事」は、2006年より月刊Gファンタジー(スクウェア・エニックス)にて連載中。2008年にはTVアニメ化、2009年には舞台化され、2010ジャパン・エキスポ・アワード最優秀少年漫画部門受賞、2011Animagic(ドイツ)にてBest International Manga賞など数々の賞を国内外で受賞した。単行本は15巻まで刊行されており、累計発行部数は海外分を含め1400万部を突破。全世界42の国と地域で発刊され、国内のみならず、海外でも高い評価を得ている。

水嶋が演じるセバスチャンは、知識、教養、品位、料理、武術、容姿、すべてにおいて完璧な悪魔の執事。映画化のオファーが殺到する中、枢もセバスチャン役を水嶋が演じることで映画化の権利を許諾したという。水嶋は、今作が俳優復帰作となる。

監督は「NANA」シリーズの大谷健太郎と、TVアニメ「TIGER & BUNNY」のさとうけいいちのタッグ。また映画版では枢の承認を得て、原作から約130年後を舞台にした完全オリジナルストーリーが描かれる。映画「黒執事」は2013年公開。4月にクランクインする予定だ。

枢やなコメント

「黒執事」を実写化していただけるなんて夢のようです。
水嶋さん演じるセバスチャンを拝見するのが楽しみで仕方ありません。完成が楽しみです!

水嶋ヒロコメント

いままで何をするにしても自分の脳みそが出している答えを信じて行動してきましたが、松橋さんとこの作品を信じるべきだという直感に、僕は従わざるをえません。
映画「黒執事」を良い作品にするにはどうしたらいいか、それを常に考えながら毎日を過ごしています。

松橋真三プロデューサーコメント

仕事柄よく海外に行くことが多いのですが、その地で日本についてヒアリングすると、人気のある日本の漫画は、必ず「ワンピース」「ナルト」そして「黒執事」、この3本です。
「黒執事」は1400万部のベストセラー。ヨーロッパやアメリカ、アジアでも人気のある作品です。
私もこの「黒執事」の魅力にとりつかれた一人です。
枢やな先生の描くダーク・ミステリーに魅了され、いつしかこの作品を実写映画化することが私の夢になりました。
しかし、準備を進めてみたものの、原作で圧倒的な人気を持つ主人公の黒執事(セバスチャン・ミカエリス)を日本人で演じることのできる人を探すのは至難の業。
私はずっと、それができるのは水嶋ヒロしかいない、と思っていました。読者も納得だと思います。
人気漫画を映画化すれば必ずヒットするということではなく、「その原作の主人公と、演じる役者のイメージがぴったり合わないと受け入れられない」というのは経験からよくわかっています。映画化実現のためには彼を口説くしかありません。
出演の打診をしたのは1年半以上前になります。「水嶋さんがやらないのならこの映画化はしない」と水嶋さんのところに足しげく通い、水嶋さんに原作を読んで頂きました。以降、幾度となく作品についての打ち合わせをおこない、彼もこの作品を愛するようになり、ようやく出演OKのお返事をいただいたのはついこの前のことです。
そして、この作品が彼の俳優人生を再スタートさせることになるなんて望外の喜びです。
彼のような、世界に通用する“煌めき”を持った人間は少ししかいません。それをそのままにしておくなんてもったいない、日本映画界の損失だと思っていましたから。
彼はこの作品のために早くもアクショントレーニングをスタートしています。
壮大なアクションと美術、そこにキャラクターの魅力と謎解きのストーリーがある、そんな作品の完成をご期待ください。

大谷健太郎監督コメント

実写映画化は不可能。そう思われる原作ファンにこそ、凄い!と驚いて頂ける演出を仕掛けていきたい。それが可能に成り得るのは、何よりもまず、水嶋ヒロさんの存在が有ればこそです。この上なく美しくエレガントな執事。しかも悪魔。最高のハマリ役を得た水嶋さんの魅力を、思い切り炸裂させます。その映像美と、アクションシーンに、是非ご期待下さい。

さとうけいいち監督コメント

「黒執事」実写ならではの切り口でダークにハード、そして華麗に!をテーマに撮りたいと考えております。
主演の『水嶋ヒロ』復帰作であるこの映画は、否応無しに此方もイメージのアドレナリンが沸き立ちます!アクションにおいても、カッコイイの斜め上行くものを見せる事ができたらと思っております。セバスチャン役を時に怖く!時には優しく……水嶋ヒロに期待です!
更に原作は大変素晴らしいエピソードが多い作品です。まだ多くは語れませんが、本編も大谷監督と二人でいろいろな仕掛けを用意しております。「黒執事」彼方もバディなら此方もバディで挑みます!
公開を楽しみにしていて下さい!

コミックナタリーをフォロー

  • >読者アンケート実施中
  • コミックナタリー大賞