コミックナタリー

サンデーに「うしおととら」掲載&「犬夜叉」新作の予告も

583

藤田和日郎の「うしおととら」が読み切りで16年ぶりに復活。本日12月26日に発売された週刊少年サンデー2013年4・5合併号(小学館)で前編、2013年1月9日発売の6号で後編が発表される。

「うしおととら」は人間の少年・蒼月潮と、少年の家に封印されていた妖怪・とらが出会い、コンビで妖怪退治をするアクションマンガ。現在もサンデーで「月光条例」を連載している藤田の初連載作品だ。同作はマンガ賞「コミックグランプリ」から誕生した経緯を持ち、小学館のWEBマンガサイト・クラブサンデーでは、藤田が「コミックグランプリ」について語ったインタビューを掲載中。

なお「うしおととら」の新作は、東日本大震災の被災地を復興支援するプロジェクト「ヒーローズ・カムバック」の一環として執筆されたもの。同企画には藤田ほか、細野不二彦、ゆうきまさみ、吉田戦車、島本和彦などが参加してきており、今後も週刊少年サンデーでは高橋留美子が「犬夜叉」の新作を2013年2月6日発売の10号で発表するほか、椎名高志、荒川弘の作品を掲載していく。

「ヒーローズ・カムバック」で発表された作品は、2013年3月中旬に単行本化される予定。必要経費を除いた収益・印税のすべてが寄付にあてられる。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞