峰倉かずや、光明三蔵描く「最遊記異聞」約2年半ぶり再開

 
mixiチェック

2012年11月16日 14:02 375

イメージ

ゼロサムWARD No.30

本日11月16日に発売されたゼロサムWARD No.30(一迅社)にて、峰倉かずや「最遊記異聞」が連載再開を果たした。

「最遊記異聞」は、玄奘三蔵の師である光明三蔵の若かりし頃を描いたシリーズ。「三蔵法師」の継承権を得るために、候補者である修行僧たちが苦行に挑んでいく。同作のマンガが最後に掲載されたのは、2010年7月に発売されたゼロサムWARD No.16。2年4カ月ぶりの連載再開となった。

また今号では、表紙イラストを使用した「最遊記異聞」と、巻頭カラーイラストを使用した久米田夏緒「ボクラノキセキ」のテレホンカードを応募者全員サービスとして実費頒布している。応募締め切りは12月15日。詳細は誌面にて確認を。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!