「宇宙刑事ギャバン」マンガ化、制作陣に藤沢とおるら

 
mixiチェック

2012年10月1日 12:43 654

イメージ

「宇宙刑事ギャバン‐黒き英雄‐」カラーカット (C)東映 (C)藤沢とおる/太田正樹(秋田書店)2012

イメージ

秋田書店は10月20日に公開される映画「宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE」に先がけ、特設サイト「宇宙刑事ギャバンTHE COMIC」を開設。そこで10月17日より、マンガ「宇宙刑事ギャバン‐黒き英雄‐」の週刊連載がスタートする。

「宇宙刑事ギャバン‐黒き英雄‐」の脚本は、「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」でも脚本を手掛けた小林雄次による書き下ろし。また構成・演出を「GTO」の藤沢とおるが、作画を「サイレント・ブラッド」の太田正樹が担当する。特撮ファンとしても知られる藤沢と太田がタッグを組む、東映公式のコミカライズ作品だ。あらすじをはじめ、詳しい内容はまだ発表されていない。

なお秋田書店がWEBマンガの週刊連載を行うのはこれが初。毎週水曜に更新され、無料で配信される。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!