コミックナタリー

「花のズボラ飯」ドラマ化、10月深夜枠で「うんま~ッ」

1642

久住昌之原作による水沢悦子「花のズボラ飯」のTVドラマ化が決定した。今年10月からMBS、TBSの深夜枠にて放送される。

ドラマは1話30分の構成で全10話を予定。演出は湯浅典子、深迫康之が、脚本はオークラ、北川亜矢子が務める。キャストなど、このほかの詳細はまだ発表されていない。

久住はドラマ化について「『孤独のグルメ』に続いて、『花ズボ』も!? もーホントどーなっちゃってるのって感じデス……」とコメントし、自身の作品が立て続けに実写化される快挙を今ひとつ信じきれていない様子。一方水沢は「花がテレビに出ちゃうなんて!!」「あのコマは再現されるのかしら……。あのシーンはテレビ的に大丈夫かしら……」と不安を覗かせながらも、感謝の意を表している。

久住昌之コメント

「孤独のグルメ」に続いて、「花ズボ」も!? もーホントどーなっちゃってるのって感じデス……

水沢悦子コメント

花がドラマ化ですって!? 花がテレビに出ちゃうなんて!! みなさん、これは大変なことですよ?
あのコマは再現されるのかしら……
あのシーンはテレビ的に大丈夫かしら……
とにかくもう、なんかソワソワしすぎでおめでとうございます!! ありがとうございます!!

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ
  • コミックナタリー大賞