コミックナタリー

映画「ドラゴンボールZ」17年ぶり新作!空白の10年間描く

3841

鳥山明原作のアニメ「ドラゴンボールZ」の新作劇場版が、2013年3月30日に全国の劇場にて公開される。「ドラゴンボールZ」の劇場版が制作されるのは17年ぶりで、今作が18作目。

劇場アニメ化されるのは、アニメシリーズの「ドラゴンボールZ」と「ドラゴンボールGT」の間となるエピソード。原作の517話で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話までの空白の10年間に起こった出来事が初めて描かれることとなる。クリリンやピッコロ、べジータなど、おなじみのキャラクターも総出演。スピンオフではない、ドラゴンボール正史のストーリーが誕生する。

監督は「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」絵コンテ・演出などを担当した細田雅弘、脚本は「20世紀少年」シリーズなどの渡辺雄介。作画監督はこれまでも「ドラゴンボール」シリーズを手がけてきた山室直儀が担当する。本日7月14日に発売された週刊少年ジャンプ33号(集英社)には鳥山のコメントを掲載。「オリジナルの雰囲気はそのままに、ほんの少しだけ味付けを現代風にして、昔どおりの楽しい娯楽作品になると思います!」と期待を寄せた。

「ドラゴンボール」は、週刊少年ジャンプにて1984年から1995年までの約10年にわたり連載。単行本は24カ国語に翻訳され、全世界発行部数2億3000万部を記録する。1986年からはフジテレビ系にてアニメ放送を開始した。「ドラゴンボール」「ドラゴンボールZ」「ドラゴンボールGT」とタイトルを変え、約11年間にわたり放送。11年間の平均視聴率は20%を超えた。また2009年から2011年には、デジタルリマスター再編集版となる「ドラゴンボール改」が放送されていた。

鳥山明コメント

珍しく、というより初めてアニメーションに脚本の段階から
深く関わらせてもらいました。
なにしろ久しぶりだったので忘れていることも多かったのですが、
さすが原作者、すぐにテンポだけは思い出すことができました。
今回の映画は、オリジナルの雰囲気はそのままに、
ほんの少しだけ味付けを現代風にして、
昔どおりの楽しい娯楽作品になると思います!

コミックナタリーをフォロー