コミックナタリー

「僕H」犬の煩悩を描くスピンオフなどマンガ連載始動

30

橘ぱんのライトノベル「だから僕は、Hができない。」のコミカライズ連載「だから僕は、Hができない。~カエサルの煩悩~」と、三雲岳斗のライトノベル「サイハテの聖衣(シュラウド)」のコミカライズ連載が、本日2月24日、エンターブレインのウェブマンガサイト「ファミ通コミッククリア」にてスタートした。

「だから僕は、Hができない。」は、エロの申し子と呼ばれる男子高校生・加賀良介を描いたコメディで、TVアニメ化も決定している人気作。コミカライズは良介の飼い犬・カエサルを主人公にしたスピンオフで、作画は東雲龍が担当する。第1話で死神フィオナに命を狙われ、人間にされてしまうカエサル。今後は、人間になったことで煩悩が芽生えてしまったカエサルの日常が描かれていく予定だ。

一方「サイハテの聖衣」は、禍憑妃(マガツヒ)と呼ばれる怪物が襲来する世界を舞台に、出撃すると莫大な費用がかかってしまう戦闘服「聖衣(シュラウド)」をまとう少女たちのゆるい日常を描いた”日常系”戦場ファンタジー。第1話では、お金に固執する天乃羽々姫が、倒せば300万新円も稼ぐことのできる大物の禍憑妃に挑む。こちらの作画は伊月クロが担当する。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞