コミックナタリー

尾田栄一郎が任侠映画「次郎長三国志」のDVDジャケ描く

288

10月28日より発売される映画「次郎長三国志」のDVDジャケットイラストを、尾田栄一郎が描き下ろしている。

2009年に行われたDREAMS COME TRUEのライブで、偶然スタジオジブリの鈴木敏夫と出会い、意気投合した尾田。その後、尾田が2009年12月に放送されたラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」に出演した際にいちばん盛り上がった話題が、マキノ雅弘監督の映画「次郎長三国志」だったという。

さらに尾田は、2011年6月19日放送の「ジブリ汗まみれ」に再び出演。DVDが未発売で、かつて発売されていたVHSも廃盤となっている「次郎長三国志」について、そこに居合わせた東宝の高井社長(当時)にDVD化を直談判したことから今回のリリースが決定した。

「次郎長三国志」は、作家・村上元三の原作を元に制作されたマキノ雅弘監督による9部作映画。DVDはそれぞれ3枚組で、10月28日に第1集が、11月25日に第2集が、12月16日に第3集が発売される。価格は各1万1550円。題字は尾田の希望で、鈴木敏夫が手がけた。

尾田栄一郎コメント

これは幕末の任侠・ヤクザ映画です。みんなで叫びましょう、
“次郎長ヤベェ!!”

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞