コミックナタリー

カットも公開!種村有菜、マーガレットで腐男塾をマンガ化

390

種村有菜がアイドルグループ・腐男塾を描く連載「腐男塾物語(仮)」が、7月20日発売のマーガレット16号(集英社)よりスタートする。本日6月16日、ニッポン放送本社にて記者会見が行われた。

初めて腐男塾のライブを体験した種村は、「これは私の手で少女マンガにしなければ」と決意。自らマーガレット編集部に企画を持ち込んだという。なお普段りぼん(集英社)を活躍の舞台としてきた種村がマーガレットに執筆するのは今回が初めて。

会見では「腐男塾物語(仮)」の予告カットも公開。イラスト化された自分たちを見て腐男塾のメンバーは、「自分たちが2次元になれるなんて」と大興奮。マンガの中でどんなことをしたいかと聞かれた紫集院曜介は、「俺はオタ属性がコスプレなので、種村作品のキャラのコスプレがしたい」とコメント。また青明寺浦正は「アイドルなので普段はあんまり脱ぐなと言われるが、マンガの中では脱ぎたい」と、武器屋桃太郎は「腐男塾は本当にみんな仲が良いので、その仲の良さを表現してほしい」と、それぞれ種村に希望を伝えた。

りぼんではなくマーガレットを掲載誌に選んだ理由については、「中高生に読んでもらいというのもありますし、全7話なので月刊誌だと半年以上に渡る連載になってしまう。マーガレットは隔週誌なので、コンパクトにお届けできるから」と説明。BL的要素はあるのかと聞かれると「BLを公式でやるとちょっとサムいので」と自らのBL観を明かし、「私はあくまでストレートに、スタンダードに描かせていただきます。もし私が描いたキャラクター同士がそう見えたのなら、それはファンの間で盛り上がっていただきたい」と語る場面も。

また本日、ニッポン放送では「腐男塾と種村有菜のオールナイトニッポンモバイル」の公開収録も実施された。収録では、連載になることになった経緯などが語られ、種村が写真集などを見つつ髪型などをチェックして細かく描き分けていることを明かすと、メンバーは「執筆中ずっとおそばに付いていたいくらいです」とコメント。この番組は7月5日から配信される予定。

「腐男塾物語(仮)」は、腐男塾のメンバー7人をそれぞれ主人公にした、全7回のオムニバスストーリー。第1話では赤園虎次郎が主人公として描かれる。連載をまとめた単行本は、2012年初頭に発売される予定だ。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ
  • スタッフ募>集のお知らせ
  • コミックナタリー大賞