コミックナタリー

東本昌平のバイクマンガ「キリン」、真木蔵人主演で映画化

399

東本昌平「キリン」の実写映画化が決定した。公開は今秋を予定している。

主演俳優は真木蔵人、監督は大鶴義丹が務める。大鶴監督はメガホンを握るに当たり「バイク乗りのバイブルといわれながらも、この作品は20年近く映像化不可能といわれ続けてきた。それに、挑むことはプレッシャーではなく、やっと巡り合えた好機と思えてしかたがなく、この世界観を映像化できる事に感謝しております」とコメントした。

「キリン」は、1987年にスタートしたバイクマンガ。キリンと呼ばれる男を中心に、バイク乗りたちの生き様を描く長編群像劇だ。映画化されるのは、長きにわたる物語の第1部「POINT OF NO-RETURN!」。続報は連載誌のヤングキング(少年画報社)にて発表される。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募>集のお知らせ
  • コミックナタリー大賞