コミックナタリー

実写版「攻殻機動隊」キャスト来日!たけしが荒巻の髪型秘話を明かす

378

「ゴースト・イン・ザ・シェル」レッドカーペットイベントの様子。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」レッドカーペットイベントの様子。

士郎正宗「攻殻機動隊」を原作とした実写映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」の来日記者会見が本日3月16日にザ・リッツ・カールトン東京にて行われた。

会場には少佐役のスカーレット・ヨハンソン、荒巻大輔役のビートたけし、バトー役のピルウ・アスベック、オウレイ博士役のジュリエット・ビノシュ、監督のルパート・サンダースが登場。最初にマイクを握ったヨハンソンは「本作をお披露目する最初の都市に東京はとてもふさわしく、また今とても興奮しています」と、会見後に行われるワールドプレミアに言及する。たけしは「大きなバジェットの本格的なハリウッド映画に出られて自分にとってもいい経験になった。役者という仕事をやるときの振る舞いをスカーレットさんに教えていただいた。素晴らしい映画ができた」と、作品への自信をのぞかせた。

ビノシュが演じたオウレイ博士は、映画のオリジナルキャラクター。「脚本は暗号のようで、挑戦しがいのある難しい役柄でした」と告白。またアスベックは「彼(バトー)はとても愛されているキャラクターで、演じることは怖かった。だけど、素晴らしいチームに支えられ、不安も吹き飛んだ」と微笑んだ。

そしてキャスト陣は東京・歌舞伎町シネシティ広場に移動し、レッドカーペットイベントに参加。日本人キャストの山本花織、泉原豊福島リラ桃井かおりも合流し、会場に詰めかけたファンに笑顔を見せる。ヨハンソンは「私たちにとってこの作品は愛の結晶。私たちが楽しく作ったように皆さまにも楽しんでいただけたらうれしい」とアピールした。

たけしは荒巻を演じた感想について「マンガで見た荒巻はきたねえジジイだったんでどうしようかと思ってた。監督とメイクさんと相談してやや恥ずかしくない髪の毛にしてもらった」と独特の表現。そして「物忘れがひどいときにはカンペを持ってもらったんですけど、その相手がスカーレットだったという。歴史に残る快挙を上げたと思っています」と撮影エピソードを披露した。

また桃井も「スカーレットさんと絡んでいるんですけど、芝居をしていると本当にいろんなものを与えてくれる。それだけじゃなくて人間としても、女としても超カッコよくて最高でした。現場にいられて幸せでした」とヨハンソンを称える。その言葉を聞いたヨハンソンが桃井を抱擁すると、会場から大きな拍手が巻き起こった。

4月7日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて公開される「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、近未来を舞台に公安9課とサイバーテロリストの戦いを描くSFアクション。日本語吹き替え版の声優は押井守監督の映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」、神山健治監督のテレビアニメシリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」と同じく、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一が演じる。

※映画ナタリー Power Push 公開中!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」特集

※コミックナタリー Power Push 公開中!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」特集 弐瓶勉インタビュー

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」特集 西川貴教(T.M.Revolution)インタビュー

(c)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

コミックナタリーをフォロー