コミックナタリー

「平均値」1巻、優秀すぎる少女が転生……普通の子に生まれたいと願ったはずが

42

コミカライズプロジェクトの告知画像。

コミカライズプロジェクトの告知画像。

ねこみんとがコミックアース・スター(アース・スター エンターテイメント)にて連載する「私、能力は平均値でって言ったよね!」1巻が、明日3月15日に発売される。同作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の人気作をコミカライズしたものだ。

「私、能力は平均値でって言ったよね!」は、他人よりも少し優秀だったがゆえに周囲から一目置かれ、まともな青春を送れなかった少女の転生劇。生まれ変わりのチャンスを得た主人公は、神から次はどのような人生がいいかと希望を訊かれ「能力は平均値でお願いします」と答える。異世界で人並みの暮らしを送ると決めていた少女だったが、平均値でお願いしていた彼女の魔力は通常の人間の6800倍もあり、その力は世界で最も強い古竜種のちょうど半分と判明。普通の女の子として生きたい、けれども強すぎる少女の不憫な境遇が描かれる。

なお同作を出版するアース・スター エンターテイメントは、アース・スターノベルから刊行された小説を対象としたコミカライズプロジェクトを発表。すでにスタートしている「私、能力は平均値でって言ったよね!」「人狼への転生、魔王の副官 始動編」「人狼への転生、魔王の副官 はじまりの章」ほか「その者。のちに…」「悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ」「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」「戦国小町苦労譚」「野生のラスボスが現れた!」と計8タイトルのマンガ版を展開していく。

コミックナタリーをフォロー