コミックナタリー

ルーヴル美術館監修の企画展、新たに松本大洋、五十嵐大介らが参加

1860

ルーヴル美術館監修の特別展示「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」が、7月22日から9月25日まで東京・森アーツセンターギャラリーにて開催される。これまでに発表されていた荒木飛呂彦、谷口ジロー作品のほか、松本大洋、五十嵐大介、坂本眞一、寺田克也、ヤマザキマリの作品が展示される。

ルーヴル美術館では、マンガという表現を通してルーヴル美術館の魅力を伝えるため、2005年より「ルーヴルBDプロジェクト」を実施。これはフランス内外の著名なマンガ家、バンドデシネ作家に、ルーヴル美術館をテーマとした作品を描いてもらう企画だ。これまでに日本人では荒木が「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」、谷口が「千年の翼、百年の夢」を描いてきた。新たにプロジェクトに参加する松本は「ルーヴルの猫(仮)」を執筆。同作はビッグコミックオリジナル6月20日号(小学館)より連載を開始する。

「ルーヴルBDプロジェクト」に参加している作家の作品を集めた「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」では、荒木、谷口、松本を含めた12人の作家による原画や資料数百点を展示。さらに五十嵐、坂本、寺田、ヤマザキは、本展のために作品を描き下ろす。マンガ家たちとルーヴル美術館のコラボに期待しよう。

ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9 番目の芸術~」

会期:2016年7月22日(金)~9月25日(日)
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
主催:ルーヴル美術館、フジテレビジョン、東映、小学館集英社プロダクション、森アーツセンター

巡回展・大阪

会期:2016年12月1日(木)~ 2017年1月29日(日)(予定)
会場:グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタルイベントラボ

巡回展・福岡

会期:2017年4月~5月(予定)
会場:未定

巡回展・名古屋

会期:2017年夏
会場:松坂屋美術館

「ルーヴルBDプロジェクト」参加作家

二コラ・ド・クレシー、マルク=アントワーヌ・マチュー、エリック・リベルジュ、ベルナール・イスレール、荒木飛呂彦、クリスティアン・デュリユー、ダヴィッド・プリュドム、エンキ・ビラル、エティエンヌ・ダヴォドー、フィリップ・デュピュイ、谷口ジロー、松本大洋

本展のために描き下ろしが決定した日本人作家

五十嵐大介、坂本眞一、寺田克也、ヤマザキマリ

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞