コミックナタリー

浅野いにお・西島大介・今日マチ子が「女子の妄想」描く、スマホで変化

1253

浅野いにお西島大介今日マチ子が“女子の妄想”をテーマに描いたマンガが楽しめる特設サイト「ふんわり妄想マンガシアター」が公開された。

これはサントリーより販売されている、焼酎ベースのリキュール「ふんわり鏡月」のプロモーション企画。スマートフォンで特設サイトにアクセスすると、ユーザーのアクションに連動して変化するマンガを楽しめる。浅野いにおが描いた「ふんわり男」は、マンガのページをリロードするごとにストーリーが変化。アクセスするたびに男性視点、女性視点に切り替わる。

西島大介が描く「都合のいい男」では、スマホならではの傾きセンサーやスクロール機能を活用。スマホ画面の中を縦横無尽にキャラクターが動き回る。また今日マチ子は「甘酸っぱい男」という作品を寄稿。本作の続きは、本日3月8日に発売された「ふんわり鏡月 ライチ」に付属のシリアルコードを入力することで読むことができる。なお目下公開されている3作品に加え、桜沢エリカ五月女ケイ子によるマンガも後日公開予定。

さらに投稿者の妄想が世界でひとつだけのマンガになる、「#ふんわり妄想 Twitter キャンペーン」も実施されている。この企画では「ふんわり妄想マンガシアター」に参加した作家が、Twitterに投稿された中からもっとも“ふんわり”な妄想ストーリーをマンガ化。また投稿者の中から100名には、「ふんわり鏡月」2本セットがプレゼントされる。詳細はサイトにて確認を。

加えて本日より、石原さとみが人には言えない妄想をイメージする、Web限定のスペシャルムービー「すっごい」編も公開中。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】