コミックナタリー

「うどんの国の金色毛鞠」アニメ化、香川を舞台に不思議な少年との日常描く

5021

篠丸のどか「うどんの国の金色毛鞠」のテレビアニメ化が決定した。2016年に日本テレビほかにて放送される。

「うどんの国の金色毛鞠」は香川県を舞台とした、ハートフルなファンタジー作品。東京を離れ実家のうどん屋に戻ってきた主人公・俵宗太が、人間の少年に化けられるタヌキのポコと過ごす日々が描かれる。月刊コミック@バンチ(新潮社)にて連載中。

アニメの監督は井端義秀、シリーズ構成は高橋ナツコ、キャラクターデザインと総作画監督は伊藤依織子がそれぞれ務める。またアニメの制作を担当するのは「石膏ボーイズ」「山田くんと7人の魔女」などを手がけてきたライデンフィルム。キャストなどの詳細は続報を待とう。

なお原作マンガの単行本7巻が、本日2月9日に発売された。一部の書店では購入特典としてマンガ入りのペーパーを配布。絵柄は喜久屋書店用、「うどんの国の金色毛鞠」応援団書店用、書店を限定しない汎用のものの3種類が用意された。応援団書店のリストは@バンチの公式サイトにて確認してほしい。

アニメ「うどんの国の金色毛鞠」

スタッフ

原作:「うどんの国の金色毛鞠」篠丸のどか(新潮社「月刊コミック@バンチ」連載)
監督:井端義秀
シリーズ構成:高橋ナツコ
キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤依織子
美術監督:合六弘
色彩設計:小野寺笑子
アニメーション制作:ライデンフィルム

(c)篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞