コミックナタリー

映画「高台家の人々」木絵役は綾瀬はるか、光正役に斎藤工でテレパスラブ

948

森本梢子原作による実写映画「高台家の人々」のキャストが発表された。

主人公の、平凡で口下手なOLながらも、頭の中ではめくるめく妄想を繰り広げる平野木絵役は綾瀬はるか。木絵の妄想を読み取るテレパシー能力を持った高台家の長男であり、木絵の恋人となる高台光正役には、斎藤工が配された。森本はこのキャスティングに「きゃ──────────!! と、叫んでしまいましたよ」と喜びをあらわにしている。

そのほか光正と同じくテレパシー能力を持つ妹・茂子役は水原希子、弟・和正役は間宮祥太朗、母・由布子役は大地真央、父・茂正Jr.(マサオ)役は市村正親が演じる。メガホンをとるのは、「謎解きはディナーのあとで」の土方政人監督。脚本は映画「電車男」「ヘルタースケルター」の金子ありさが手がける。

「高台家の人々」は妄想が趣味のOL・平野木絵と、人の心が読める能力を持ったイケメンの同僚・高台光正を軸に描くラブコメディ。月刊YOU(集英社)にて連載されている。映画は2016年6月に公開。

森本梢子コメント

きゃ──────────!!
と、叫んでしまいましたよ。
綾瀬はるかさんと斎藤工さん!! 素敵!!
大、大好きな、お二人です。
「でも、見た目平凡で目立たない木絵が
そんなに綺麗で良いのか!?
でも、でも、綾瀬さんのにじみ出る人柄の良さや、
ちょっと、ぽ──っとした(あ、ごめんなさい)感じは
ぴったりなのか!!」
などと、一人で興奮しています。

めちゃくちゃかわいい木絵と
よだれが出そうな(あ、ごめんなさい)魅力的で
カッコイイ光正さん!
そして麗しい三兄姉弟と、ゴージャスなご両親!!
そして、そして、妄想はいったい…!?
あ──早く観たいです!!

土方政人監督コメント

綾瀬さんは、今回の役柄の「木絵」にぴったりだと思います。
木絵のような雰囲気を持っていますし、彼女のコメディエンヌの一面が演技に出ていて良いですね。
そして斎藤さんもまた、ちょっとミステリアスなところがあるので、光正像として魅力的です。
木絵の妄想シーンは、綾瀬さん、斎藤さんをはじめとして皆さんの演技が素晴らしいので楽しみにしてもらえたらと。
そして、光正がテレパシー能力で木絵の妄想をどう見てるのか。
その光正のリアクションを面白く描いていきたいです。
希子ちゃんと間宮くんは、今回初めてお仕事をするので撮影が楽しみですし、
市村さんと大地さんの夫婦は絶対に面白くなると思います。

綾瀬はるかコメント

よく妄想するところは木絵ちゃんと似てます。友だちに妄想話をすると気持ち悪がられます!
ヘンテコな妄想と特殊な能力を持った男女が織り成すコミカルなラブストーリーをお届けできたらと思ってます。

斎藤工コメント

光正さんは全てが私とは程遠いスマートなキャラクターですが
光正の持つ闇の部分等、内側から繋がって行こうと思います。
また、本作の肝であるテレパスはSNS主体の現代に何処か当てはまると思いました。
皆が本音をとり繕い 感情を整え真実が見付け辛い時代だからこそ
この作品に必然性を感じます。

色々なご意見があると思いますが、このチームで実写化をやらせて貰う以上
我々も原作を尊重しながら胸を張って皆さんにお届け出来る様
尽力致しますので、どうか映画『高台家の人々』を
来年の楽しみの一つにして頂きたいです。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞