コミックナタリー

「カイジ」利根川が主役のスピンオフ「中間管理録トネガワ」、次号月刊ヤンマガに

3754

福本伸行協力、萩原天晴原作による橋本智広「中間管理録トネガワ」が、6月20日発売の月刊ヤングマガジン7月号(講談社)にてスタートする。

「中間管理録トネガワ」は福本による「賭博黙示録カイジ」のスピンオフ作品。帝愛グループ幹部・利根川幸雄が、兵藤と黒服たちの板挟みとなり苦悩する日々を描く。

また、まんがタイムファミリー(芳文社)にて「寺島さんは悟っている」を連載中の浦津ゆうじによるコメディ「スポイラー甘利」、パチンコ・パチスロメーカーの平和が原作を担当し、新鋭・ささのゆゆすけがマンガを手がける「熱響!乙女フェスティバル」も同じく7月号から連載開始。本日5月20日発売の月刊ヤングマガジン6月号には、3作品の予告イラストが掲載されている。

このほか7月18日発売の月刊ヤングマガジン8月号から佐藤将原作による長谷川明「戦国外道伝ローカ=アローカ」が、9月19日発売の10月号から芹沢直樹「Psycho Bank」がそれぞれ始動することも告知された。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【編集アシスタント】
  • コミックナタリー大賞