コミックナタリー

荒木飛呂彦が“企業秘密”と語るマンガの描き方、新書で明らかに

8785

「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの荒木飛呂彦による新書「荒木飛呂彦の漫画術」が、4月17日に集英社より発売される。

「荒木飛呂彦の漫画術」では「漫画は最強の『総合芸術』」と語る荒木の、マンガの描き方や創作の秘密が明らかに。絵を描く際に必要な「美の黄金比」や、ヘミングウェイに学んだストーリー作りなど、具体的な方法論を交えながら創作術について解説していく。なお新書の帯には荒木の自画像と、「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する岸辺露伴のツーショットイラストが使用されている。

「荒木飛呂彦の漫画術」

はじめに
第1章 導入の描き方
第2章 押さえておきたい漫画の「基本四大構造」
第3章 キャラクターの作り方
第4章 ストーリーの作り方
第5章 絵がすべてを表現する
第6章 漫画の「世界観」とは何か
第7章 全ての要素は「テーマ」につながる
実践編その1 漫画が出来るまで
実践編その2 短編の描き方
おわりに

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞