コミックナタリー

伊藤潤二がポケモンとコラボ、怖い一面を描く

1254

「富江」シリーズなどで知られる伊藤潤二と、ゲーム「ポケットモンスター」がコラボレーション。ホラータッチで描かれたポケモンのイラストが、WEBサイト「本当は怖い?ポケモン」にて公開されている。

伊藤はコラボ第1弾として、ポケモンのジュペッタを執筆した。ジュペッタには捨てられたぬいぐるみが強い怨念によりポケモンになったという設定があり、イラストでは自分を捨てた少女をジュペッタが見つけたシーンが描かれている。

イラストはスマートフォン用の壁紙としても無料で配布中。同じジュペッタの絵を使用したTシャツが、100名に当たるプレゼントも10月24日からスタートする。また伊藤とポケモンのコラボは第2弾も企画されており、新たなイラストが近日公開される予定。詳細はWEBサイト「本当は怖い?ポケモン」で確認を。

「本当は怖い?ポケモン」は、ポケモン公式サイト「ポケモンだいすきクラブ」にて展開されている、ゴーストタイプのポケモンを特集したページ。ジュペッタをはじめとしたゴーストポケモンを紹介する図鑑、ミニゲーム、4コママンガ、ポケモントレーナー・オカルトマニアへのインタビューなど、多数のコンテンツが用意されている。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【編集アシスタント】
  • コミックナタリー大賞