コミックナタリー

「脳内ポイズンベリー」真木よう子で映画化

467

水城せとな「脳内ポイズンベリー」の実写映画化が決定した。主人公の櫻井いちこ役を真木よう子が演じる。

「脳内ポイズンベリー」は、飲み会で同席した年下男子の早乙女に恋をしてしまったアラサー女性・いちこが主人公のラブストーリー。いちこの脳内の思考を会議に見立て、ゴスロリ服の少女や老齢の男性など5人の脳内キャラクターを登場させ描くという手法で注目を集めている。早乙女役には古川雄輝、出版社に務める編集者の越智役には成河がキャスティングされた。

また、いちこの脳内で繰り広げられる会議のメンバーとして、議長の吉田役を西島秀俊、楽観的な石橋役を神木隆之介、ネガティブ女子の池田役を吉田羊、直感で動くハトコ役を桜田ひより、書記の岸さん役を浅野和之が担当。「キサラギ」や「ストロベリーナイト」で知られる佐藤祐市が監督を務め、映画は2015年に全国東宝系にて封切られる。

水城せとなコメント

この度『脳内ポイズンベリー』を、素晴らしいスタッフ・キャストの方々で映像化して頂けることになり、とても嬉しく思っています。
この作品は、ひとりの人間の心の中に起こる思考のひとつひとつを『会議』という形で表現したもので、バカバカしい些細な悩みにも延々真剣に討論を繰り広げる密室会話劇を描きたくて始めた作品です。その脳内会議と、結果現実に起きる悲喜劇を、この個性豊かな実力派キャストの方々がきっと面白可笑しく、切なく演じて下さると思うので、完成が心から楽しみです。
西島秀俊さんも、真木よう子さんも、わたしの大好きな役者さんです。そのフィルモグラフィーに『脳内ポイズンベリー』を加えて頂けることは本当に光栄ですし、硬派な役の多い西島さんが今回、常にうろたえ気味で風見鶏な「議長」を演じて下さることや、カッコイイ女性のイメージの強い真木さんが、優柔不断で翻弄されてばかりのヒロインを演じて下さることも、一ファンとしてとてもワクワクしています。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞