コミックナタリー

「繕い裁つ人」映画化!主演は中谷美紀、三島有紀子監督

420

池辺葵「繕い裁つ人」を原作とした実写映画が、2015年1月に公開されることが決定した。主人公の洋裁店店主・市江役は中谷美紀が演じる。

監督は「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」などを手がけた三島有紀子。そのほかのキャストには、三浦貴大、片桐はいり、黒木華、杉咲花、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子らが名を連ねた。

中谷美紀は「過去の遺物となりつつあるかもしれませんが、ものづくり大国日本の誇るべき職人のひとりを演じられることに魅力を感じました」と出演を決意。また「おしゃれでエレガントな背景が取り巻くなか、たったひとりのために作られた『夢を見るための洋服』を大切に真摯に繕う市江の姿に惹かれました」と原作の感想を語り、「老若男女を問わず肝心な人生をおきざりにしてお仕事に励む方や、単調な日常にわずかな豊かさを求める全ての方にご覧頂きたいです」とコメントを寄せた。

中谷は肩までかかる長さの髪をばっさりと切り、ショートヘアに。「しつけの行き届いた野犬という市江の人物評に相応しい髪型だと自負しております」と、意気込みを語っている。撮影は3月1日から3月下旬まで、神戸、川西を中心に兵庫で敢行中。

「繕い裁つ人」は、祖母が始めたこだわりの洋裁店を受け継いだ2代目の店主・市江と、彼女を取り巻く人々の生活を描いた物語。最新5巻は3月13日に発売を控えている。またKiss公式サイトでは映画化を記念して特設ページを開設。池辺葵のメッセージを配信しているほか、今後「繕い裁つ人」1、2話を無料で公開する予定だ。

※記事初出時より一部表現を変更いたしました。

コミックナタリーをフォロー